• 店長

Dr.Recellaはどんな化粧品なのか?

こんにちは♪

Dr.Recellaのお化粧品が

一般化粧品と何が違うのか・・・

そんなお話を以前させて頂きました。

ではどうして違いが出るのか。

どうしてお肌が改善していくのか。

もっともっと詳しくご説明していこうと思います♪

まず一般的なお化粧品は

成分の90%以上が水でできています。

その水に

肌感を良くするための油

そして微量の美容有効成分が混ぜられています。

「美容有効成分」とは

『 肌にハリを与える』とか

『肌が潤う』などの謳い文句の効能がある成分のことです。

これだけならお肌に有害ではないのですが

水は腐ります。

油は酸化します。

なので商品を安定させるために

「安定剤」「「防腐剤」という

いわゆる添加物が入っています。

入れないと化粧品が作れないんです。

そして

お肌にもっとも良くないもの

それは

「石油系合成界面活性剤」です。

タンパク質を分解し

汚れを簡単に落としてくれる合成界面活性剤は

主に洗剤などに入っていますが水と油を混ぜるために

お化粧品にも入っています。

これが

お肌のタンパク質を見事に分解し

お肌トラブルの、そしてお肌の老化の最たる原因となっています。

合成界面活性剤を使うと

お化粧品を大量にそして安価に

作ることができます。

なので

化粧品製造メーカーさんにとって

とっても便利な添加物なんです。

でもこの合成界面活性剤は

ほんの1滴でも

魚の入った水槽に入れたら

あっという間に細胞が破壊され

ものの数分で魚は窒息死します。

人間は体が大きいから

すぐに死には繋がらないけど

その代り老化を早めたり

さまざまなお肌トラブルの原因となってしまっています。

ニキビ・アトピーなどの皮膚疾患も

界面活性剤による影響だと言っても過言ではありません。

なので

皮膚疾患の方に必要なのは

薬ではなく

今使っているシャンプーやボディソープ、化粧品を全て見直すことなんですね。

そして…

Dr.Recellaのお化粧品はというと

《100%有効成分》

水を使っていない

添加物を使っていない

100%有効成分なんですね。

お水の代わりに使われているのは

皮膚疾患治療として病院で使われている

αGri-x(アルファグリックス)という

特別な海水です。

体液に限りなく近く

体液のように浸透する

「海水」なんです!

まとめ①

Dr.Recellaのすごいとこ

《100%有効成分》

長くなるので続きはまた(*´꒳`*)

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示